がん予防に関する最先端の知見は、ここに注目!

タバコはがんの原因か?

タバコは、肺がんの原因とされてきました。これは、今まで誰もが聞かされてきたことで、耳新しいことは何もありません。しかし、それだけではなく、口腔がんや大腸がんや肝臓がんなど幅広いがんの原因となっていることが、今では確実視されています。確かに、ヘビースモーカーであるのに長寿を全うした人もいるでしょう。そうなるのは、個人差が大きいからです。タバコが幅広いがんの原因となっていることに間違いありません。特殊で幸運な例で考えるのではなく、統計学的な確率で考えるべきではないでしょうか。

飲酒はがんの原因になるのか?

アルコール摂取は、口腔がんや食道がんや大腸がんなど消化器系のがんの原因になっていることが、ほぼ確実です。飲酒の量にもよりますが、がんになるリスクが、1.5倍から2倍程度、特に量が多いと3倍にも上昇します。ただし、量が少ない場合には問題がなく、1日に日本酒なら1合以下、ビールなら大瓶1本以下が目安とされます。飲酒は、日常的な生活習慣でもあり、軽く考えすぎですが、その危険性は以外なほどに大きく、節度ある範囲に抑えるべきものとされます。

食事の内容にも注意が必要だった!

塩分濃度の高い食品は、胃がんの原因となることが、ほぼ確実です。日本食は、塩分の多いことでも知られていて、胃がんの患者を増やしています。それは、統計学的にも分かっていることです。また、熱い飲み物を飲むと食道がんになりやすいことは、ほぼ確実です。これは、高温の液体が食道の粘膜を傷付けることで起きるものです。一方、野菜や果物は、がんの発生をある程度抑制することが知られていて、がん予防になり得ます。このように、がんのリスクを上げるものと下げるものとの両方を知っておくことで、効果的な食事対策となります。

がん先端治療では、最新の医療技術による高度な治療を受けられるため、従来の治療と比べてより優れた効果を期待できます。