何が違うの?自宅と病院での包茎治療の異なる特徴

包茎は放置してはいけない?

包茎であっても日常生活には支障が出にくい事から放置している方も多いですよね。コンプレックスに感じている方や恥ずかしいという理由から相談する事が出来ない方も多くなっています。しかし、包茎は治療する事が推奨されています。包茎のまま性行為を行った場合には性病に感染する確率が高い事や亀頭が包皮に覆われていて通気性が悪く雑菌の繁殖しやすい状態になっているんですよ。また、亀頭への刺激に慣れていない事で早漏の原因になる等の様々なデメリットがあります。

自宅で出来る包茎治療とは?

通販等では自宅で包茎治療が出来る商品を見かけますよね。誰にも知られる事がないので試してみようと思った事がある方も多いと思います。病院での治療と比較すると商品の購入費用だけで済むといったリーズナブルな価格が魅力です。気軽に治療を行える一方で、包茎を改善させる事が出来ても完治させる事が出来る商品がほとんどない等のデメリットも存在します。知識がない方の中には怪我をしたという失敗談も多くあるので注意する事が必要になるんですよ。

病院での包茎治療とは?

包茎治療を専門に取り扱っている病院も多く見かけますよね。恥ずかしいと感じる方のために様々な工夫が行われているといった特徴があります。自宅での治療とは異なり、安全に完治させる事が出来るという点は大きなメリットですよね。手術で包皮を切除したり縫合をする場合でも亀頭の下等の目立たない手術方法となっている事で治療した事を周りに知られる事はありません。診察時に包茎の状態を調べるだけではなく、手術後の仕上がりの説明を丁寧にしてもらえるんですよ。

包茎は、成人になっても亀頭が包皮に包まれたままの状態のペニスをさします。亀頭が包皮で保護されているため、とても感度が良いです。