太陽光発電システムの良い点とは!導入するメリット

自前のエネルギー生成ができる

太陽光発電システムを導入することによって、自前でエネルギー生成が出来るようになります。これがとても大きなメリットであるといえます。但し、すべての電気エネルギーを賄うことは不可能に近いです。ですから、ある程度は買う場合もあります。太陽光発電ですから、発電量が毎日違うことになります。大量に余ることもありますが、使いきってしまうこともあるわけです。それも覚悟しておくべきではありますが、原則的にはメリットがあります。

電気を売ることが可能です

電気は売れるようになっています。自然エネルギーで作られた電気は買取をするように電力会社に義務付けていますから、太陽光発電で蓄電池分以上の発電ができた時にはそのまま売れるようになっています。今すぐに導入するメリットというのは、基本的には少しでも高く売れるようになるからです。これからどんどん買取り単価が安くなることが予想されているからです。ですから、早めに導入をして、高値で売れる時期に行動したほうがよいでしょう。

損益分岐点の大凡の年数

損益分岐点というのがあります。これは投資額がいつになったら回収することができるのか、という地点です。家庭用の太陽光発電システムの場合は十数年程度は見るほうがよいでしょう。その間、何事も起こらないのが前提です。例えば故障をしてしまったら直す費用がかかり、また損益分岐点が遠ざかるようになります。そのようなリスクがあることも理解しつつ、導入計画を立てる必要があります。意外と大変な計画であり、やや賭けの要素もあります。

太陽光発電は、自然エネルギーを用いた発電であるため、発電時には排水や排気もなく、騒音も振動もありません。